トップページ > 知っておきたい胃潰瘍の知識

知っておきたい胃潰瘍の知識

胃潰瘍とは

私たちの食生活を支える重要な臓器である胃には、時として様々な症状が起こります。
日本人に多い胃の病気が胃潰瘍です。
胃は、常に酸性の胃酸にさらされていますが、粘膜が胃を保護する働きをしています。
しかし胃潰瘍を発症し胃の防御機構が弱まると、粘膜が傷ついて胃液の攻撃にさらされてしまうのです。
よって粘膜や組織の一部が失われ、不快な症状や痛みを感じるようになります。

発症の原因

胃潰瘍の原因で最も多いのがピロリ菌の感染、次いで非ステロイド性抗炎症薬です。
かつてこの病気は、過剰なストレスが強く関与しているとされていましたが、最近ではピロリ菌の感染が主な原因であると考えられています。
ストレスだけで胃潰瘍を起こす場合は少ないものの、ピロリ菌感染に加えてストレスがあるとより発症しやすくなると思われます。

主な症状

胃潰瘍によって感じる症状は人により異なりますが、胸やけ、食欲不振、腹部膨満感(お腹が張った感じ)、上腹部の継続的な痛みなどが代表的な症状です。
病気に気づくのが遅れたり、適切な治療をきちんと受けなかった場合、出血や吐血、腹膜炎、穿孔(胃に穴が開く事)などの深刻な症状を引き起こす可能性があります。
他の病気を合併すれば、最悪の場合、緊急手術が必要になります。
決して放置できる病気ではありません。

診断方法

胃潰瘍か否かの診断は、問診や触診、内視鏡検査、バリウム検査などの方法で行われます。
ピロリ菌感染の疑いがある場合は、専門の検査が必要です。
血液検査や超音波検査では、胆石や虫垂炎、すい臓の病気など他の病気と区別します。
さらに胃の組織検査によって、胃癌の可能性がないかを探る場合もあります。

治療方法

胃潰瘍はその原因や病状に合わせて、適切な治療法を選ぶ必要があります。
これらの治療法と併せて、日常生活の改善を実践します。
日常生活では、禁煙、胃に負担をかけないバランスの良い食事、ストレス対策など、健康的な生活を維持する事が重要です

弊社のストロングマヌカハニーは、健康を意識し、十分な有用成分を含んだ製品となっています。
薬に抵抗がある方に、ご満足頂けるものと確信しております。
品質の高いマヌカハニーをお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。