トップページ > マヌカハニーの食べ方について

マヌカハニーの食べ方について

ニュージーランドの一部に生息するマヌカの花の蜜から作られたはちみつ「マヌカハニー」。そんなマヌカハニーの食べ方には、他の食べ物に塗ったり飲み物に混ぜたりする方法がありますが、一番のおすすめはそのまま舐める食べ方です。弊社がおすすめするマヌカハニーの食べ方についてご紹介します。

基本の食べ方

食事の前や就寝前の空腹時にスプーン1杯のマヌカハニーを食べます。口に含んだマヌカハニーをゆっくりと舐めて味わい溶かします。また、口内や喉に残っているマヌカハニーが洗い流されないためにも、食べ終わった後はすぐに水分は取らず、完全に溶けた後に摂取することをおすすめします。特に決まった摂取量はありませんが、スプーン1杯を1日1~3回程度食べるのがおすすめです。どんな食べ物でも食べ過ぎは良くないので、必要以上に食べるのは避けましょう。

独特の食感と香り

一般的なはちみつに比べ栄養を豊富に含んでいるマヌカハニーですが、はちみつのようなクセのない味・香りとは違い、独特の食感と芳醇な花の香りが特徴です。その独特の味は、コクがあり上品で濃厚な味わいです。しかし、中にはマヌカハニーの独特な味・香りを苦手と感じる方もいるのではないでしょうか。理想の食べ方としては、そのまま食べるのがおすすめですが、トーストやヨーグルトと一緒に食べてみるのも良いでしょう。

風邪をひいたとき

風邪でのどが痛くなると、痛みを和らげるためにのど飴を舐めます。マヌカハニーはのど飴の代わりにもなるので、風邪をひいてしまったときはマヌカハニーを舐めてみてください。マヌカハニーは医薬品ではないので、風邪薬と併用しても薬の効果に影響はありません。薬との併用が心配な方は、マヌカハニーを食べる前にお医者さんへご相談ください。

はちみつの消費量が世界一位のニュージーランドのご家庭にも必ず1個は常備されているのが、マヌカハニーです。上記に紹介した以外にも、通常お砂糖やはちみつを使用していたお料理をマヌカハニーにかえることができます。普段のお料理にマヌカハニーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

弊社では、天然メチルグリオキサール(MGO®)という成分を豊富に含んだマヌカハニーの通販を行っております。ぜひ一度、おすすめの食べ方で弊社自慢のマヌカハニーをお召し上がりください。