トップページ > 胃潰瘍の種類

胃潰瘍の種類

日本人は欧米人よりも胃腸が弱く、胃腸の病気になる人が多いと言われています。胃腸の病気はたくさんありますが、その中でもよく耳にする胃潰瘍の種類について説明したいと思います。

急性胃潰瘍

急性胃潰瘍とは、その名の通り症状が急速に進行するタイプの胃潰瘍です。精神的なストレスやアルコールの過剰摂取が原因で起こります。胃痛や胸焼けなどの症状が突発的に起こり、ひどい場合は吐血する事もあります。急性胃潰瘍と診断されると、内視鏡や薬の服用にて治療を行います。治療を行えば数週間程度で治癒します。

慢性胃潰瘍

慢性胃潰瘍は、みぞおちの痛みや胸やけが慢性的に続きます。原因のほとんどはピロリ菌感染によるものです。中高年の世代は半分以上の方がピロリ菌に感染していると言われていますが、慢性胃潰瘍を発症するのはピロリ菌感染者の1割にも満たないそうです。しかし、ピロリ菌に感染している以上、胃潰瘍になるリスクから逃れられないので、ピロリ菌の除去をおすすめします。約1週間抗生物質を飲むだけでピロリ菌を除去できます。

NSAIDS関連消化性潰瘍

NSAIDSとは、炎症や痛みを抑えるために服用する非ステロイド性抗炎症薬の事です。このNSAIDSには胃の粘膜を荒らす副作用があり、継続して服用すると胃酸が過剰に分泌され、胃炎や胃潰瘍を起こしてしまいます。NSAIDS関連消化性潰瘍は自覚症状が出にくいため、突然、吐血したり血便が出たりします。NSAIDS関連消化性潰瘍と診断されると、NSAIDSの服用を中止し胃酸の分泌を抑える薬を服用して治療を行います。NSAIDSを中止できない場合はNSAIDSと胃潰瘍治療薬を併用します。

胃潰瘍には食生活が原因のものや薬が原因で起こるものなど、様々な種類があります。胃潰瘍の予防と早期発見のためには定期的な健康診断を行う事も大切ですが、毎日の食事に気をつける事も大切です。弊社では、栄養たっぷりの高品質なマヌカハニーを販売しております。マヌカハニーを食べて、病気にならない健康な体を目指しましょう。